音無稲荷神社(山口県下関市)

2020年2月10日

曖昧な記憶で参拝を振り返る

山口県の県道34号を下関方面に移動していると、左手に大きな鳥居が見えました。

「これはきっと立派な神社があるぞ」と、期待に胸を膨らませ左折。

左右が田んぼの細道を分け入ると結構な坂道に左右が林。。。
「これは入ってはいけない所へ来てしまったのかな。」
と不安になりましたが、ほどなくして駐車場に到着。

車から降りて思いました。
「本当に来てはいけない所に来てしまったかな。」
薄暗い山影に、延々と伸びる鳥居の列。

音無稲荷神社 音無稲荷神社

山口県で鳥居が連なる神社と言えば、元乃隅稲成神社が世界的に有名ですが、
同じ県内で山中にもこんな神社があるとは、、、、。

鳥居のトンネルを登っていくと小さなお堂がありました。
敷地内には誰もいませんが「堂内ご自由にお参りください」と立て札がありましたので、堂内に入り参拝。

写真がほとんど無くて申し訳ありませんが、
本当に独特の雰囲気というか、神秘的な雰囲気が伝わる神社でした。

御朱印の有無について

不明。おそらく無し。

概要

神社名

音無稲荷神社

主祭神

倉稲魂命 (うかのみたまのみこと)

所在地

山口県下関市内日上

駐車場の有無

有(無料)

御朱印を頂ける場所

不明

参拝日

平成28年11月25日

地図