正八幡宮(福岡県行橋市)

曖昧な記憶で参拝を振り返る

仕事で福岡県を訪れた際に参拝。

全く情けないことに、参拝時の記憶がほとんどなく、写真も全く残っていません。

仕事で近くを訪れたのだろうとは思いますが、なぜこの「正八幡宮」を参拝することにしたのか覚えていません。

という、非常に申し訳ない感じの薄い振り返りとなります。

あまり覚えていないのですが、ご神木の周りに十二支のお社が祀られていて、それをグルっと周りながら私の干支(未)に参拝した記憶があります。

余談ですが、たぶん同じタイミングで行橋市にある「今井津須佐神社」にも参拝したと記憶しているのですが、こちらは(たぶん時間の都合で)御朱印も頂けていませんし写真も全く残っていません。

我ながら「参拝した事をよく覚えていたな。」と思うのですが、高い石垣の上に回廊が設けられ、お城のような独特な雰囲気だった事と、一つの社殿に二つの拝殿あるという珍しい作りをしていたので、なんとなく覚えていました。

どちらも、いつかまたゆっくりと参拝をしてみたい神社です。

正八幡宮の御由緒

貞観2年(860年)、国司の上行豊前守文屋真人益善が宇佐宮の託宣により神社を建立したのが起源とされています。

以降武人や藩主から崇敬されており「みちびく勝運の神」として御神刀などが奉納されているそうです。

平成10年(1998年)に遷座350年記念事業として屋根葺き替えや社務所新築等の造営がされているそうです。

正八幡宮の御朱印

正八幡宮の御朱印

正八幡宮の御朱印

正八幡宮の概要

神社名
正八幡宮
主な御祭神
応神天皇(おうじんてんのう)
神功皇后(じんぐうこうごう)
比売大神(ひめおおかみ)
社格等
近代社格 
郷社
主な境内社
八重垣社
厄稲荷神社
菅原神社
恵比須社
豊前坊社
弁財天社
宮地獄神社
歳徳神十二社
御井社
鎮座地
福岡県行橋市神田町8−1
GoogleMapで開く
駐車場の有無
有(無料)
御朱印を頂ける場所
同敷地内社務所
参拝日
平成28年10月26日
地図