聖神社(鳥取県鳥取市)

曖昧な記憶で参拝を振り返る

仕事で鳥取県鳥取市に行った際に参拝。

正直こちらの神社に関しては記憶がほとんどありません。

おそらく、仕事先の近くにあって目に入り、名前も文字通り神聖な感じがしたので参拝したのではないかと思います。

当時流行っていた漫画になぞらえ「聖☆お兄さんの3人目の神様」みたいな事を口走っていたかもしれません。

聖神社

聖神社の鳥居周辺

参拝の後、御朱印を頂きました。

聖神社の御由緒

「聖神社」は鳥取市の中心街、かつての城下町の一角に鎮座しています。

創建年は不明。本殿は宝永7年(1710年)に再建されたものと伝えられています。

二年に一度、5月第3土曜日に宵宮、翌日曜日には神幸祭という神事が行われます。聖神社は市内の主な商店街の大半を氏子に持っており、神幸祭は鳥取市中の祭礼で最も規模の大きい行事とのことです。

神幸祭は安永6年(1777年)から始められたと伝えられ、氏子の持つ屋台(山車)が市街を巡幸するなど盛大に執り行われるそうです。

聖神社の御朱印

聖神社の御朱印

聖神社の御朱印

聖神社の概要

神社名
聖神社
主な御祭神
邇邇藝命(ににぎのみこと)
日子穂穂手見命(ひこほほでみのみこと)
事代主神(ことしろぬしのかみ)
鎮座地
鳥取県鳥取市行徳2丁目705
駐車場の有無
有(無料)
御朱印を頂ける場所
同敷地内社務所
参拝日
平成29年4月22日
地図