熱田神宮(愛知県名古屋市熱田区)

目次

曖昧な記憶で参拝を振り返る

平成31年4月29日、岐阜県多治見市を仕事で訪れたのですが、宿泊先は愛知県名古屋市。

翌平成31年4月30日、平成最後の日。次の日から令和になります。

この日の仕事の集合時間は午後。名古屋に来る機会はほとんどないので、午前の時間を利用して神社を参拝することにしました。

最初の目的地は「熱田神宮」。三種の神器の一つ「草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)」を祀る神社として有名です。

ホテル前の駅から名鉄に乗って神宮前まで移動。

さすが熱田神宮。境内は広々としていたし参道の幅も広い、そして参拝客もとても多い。
「平成最後の日」というのも影響していたのでしょうか。

(人が多いと写真を撮るのが憚られるので、写真少なめです)

熱田神宮

熱田神宮の鳥居

御朱印を頂くのに長い列ができていました。

熱田神宮

熱田神宮の拝殿

境内を散策していると「別宮」の八剣宮がありましたので、こちらも参拝をして御朱印を頂きました。

さらに境内社の「上知我麻神社」にも参拝。

今回、午前の時間を使っていくつか神社を廻りたかったので若干あしばやに参拝していますが、今度参拝する機会があればもっと時間を使ってゆっくり参拝してみたいです。

熱田神宮の御由緒

草薙神剣と御由緒について

熱田神宮は三種の神器の一つ「草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)」を祀っています。

草薙神剣は「素盞嗚尊(すさのおのみこと)」が八岐大蛇を退治した時に、その尾から生まれたとされています。

素盞嗚尊は「天照大神(あまてらすおおかみ)」に草薙神剣を献上し、天照大神は天孫降臨の際に孫神の「迩迩芸命(ににぎのみこと)」に授けます。

この時、他の三種の神器「八咫鏡(やたのかがみ)」「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」も共に授けています。

その後、景行天皇の時代になり皇子の「日本武尊(やまとたけるのみこと)」は東国制圧の任を受け、その途中で草薙神剣を賜ります。

日本武尊は道中「尾張国愛知郡氷上邑(現在の名古屋市緑区大高町火上山)」で「宮簀媛命(みやすひめのみこと)」を妃とし、東征後この場所に草薙神剣を留め置きます。

景行天皇43年(113年)、日本武尊は草薙神剣を留め置いたまま伊吹山の悪神討伐に向かいますが、神剣の加護を失ったせいか悪神によって病身とされ命を落とします。

その後、宮簀媛命は日本武尊と草薙神剣を祀り、これが後に熱田神宮となりました。

日本書紀によると天智天皇7年(668年)、新羅の僧侶「道行」により草薙神剣が盗難、その後朱鳥元年(686年)、熱田神宮へ返還されたとされています。

草薙神剣の本体は熱田神宮に祀られていますが、天皇でさえ見ることができないとされています。

また、形代(レプリカのようなもの)の神剣は壇ノ浦の戦いの際、関門海峡に沈められたとされています。その後、新たな神剣を献上され、現在は皇居の「剣璽の間」に祀られています。

熱田神宮の歴史について

日本武尊が亡くなった後、仲哀天皇4年(195年)に宮簀媛命が氷上邑に草薙神剣をお祀りし氷上姉子神社を創建。その後、熱田の地に草薙神剣をお祀りし「熱田社」を創建、これが後の熱田神宮とされます。

戦国時代には織田信長が桶狭間の戦いの前に必勝を祈願し、勝利を収めています。

明治元年(1868年)、神宮号を宣下されて「熱田神社」から「熱田神宮」へ改称しています。

明治4年(1871年)の太政官布告により官幣大社に列格されました。

昭和20年(1945年)、熱田空襲により社殿が焼失してしまいますが、昭和30年(1955年)に再建。

現在でも三種の神器の一つを祀ることから「伊勢神宮に次ぐ御由緒の尊い神社」として崇敬を集めています。

御祭神について

主祭神は「熱田大神(あつたのおおかみ)」。草薙神剣を御霊代とする「天照大神」を指すとされています。

「相殿神」には草薙神剣とゆかりの深い神々が祀られています。

熱田神宮の御朱印

熱田神宮の御朱印

熱田神宮の御朱印

別宮:八剣宮の御朱印

別宮:八剣宮の御朱印

境内社:上知我麻神社の御朱印

境内社:上知我麻神社の御朱印

熱田神宮の概要

神社名
熱田神宮
主な御祭神
熱田大神(あつたのおおかみ)
【相殿神】
天照大神(あまてらすおおかみ)
素盞嗚尊(すさのおのみこと)
日本武尊(やまとたけるのみこと)
宮簀媛命(みやすひめのみこと):尾張国造の遠祖
建稲種命(たけいなだねのみこと):尾張国造の遠祖
社格等
古代社格 
式内社(名神大社)
中世社格 
尾張国三宮
近代社格 
官幣大社
現在の分類
神社本庁(別表神社)
その他分類
勅祭社
神階
正一位
主な境内社
(別宮)八剣宮
一之御前神社
日割御子神社
孫若御子神社
南新宮社
御田神社
下知我麻神社
上知我麻神社
龍神社
鎮座地
愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1-1
GoogleMapで開く
御朱印を頂ける場所
同敷地内社務所
参拝日
平成31年4月30日
地図

駐車場について

公共交通機関を使用して参拝したため詳細は不明ですが、公式サイトによると駐車場はあるようです。