由良比女神社(島根県隠岐郡西ノ島町)

曖昧な記憶で参拝を振り返る

平成30年(2018年)の冬は、仕事の都合で何度か島根県の隠岐の島へ通っています。

この時の隠岐での仕事は「1日働く~オフ日がある~もう1日働く~帰る」というペースでした。

流石にいちいち本土に戻る訳にもいかないのですし、島後(隠岐の島町)の雰囲気が私がイメージしていた隠岐のそれと違ってたので、正に「THE隠岐」みたいな風景が見たいと思いオフ日を利用して西ノ島を観光する事にしました。

当時はまだ若い、といってもいい歳したオジさんが港の観光協会でレンタサイクル(電動アシスト付き)を借り、隠岐の絶景「摩天崖」を目指します。

チャリでおよそ1時間くらいの行程なのですが、開始10分程度でレンタカーにすれば良かったと後悔しました(笑)

道中、由良比女神社の前を通るので参拝。

由良比女神社

由良比女神社本殿

由良比女神社の近くには「イカ寄せの浜」というイカの大群が押し寄せるという浜があります。

なお、西ノ島には由良比女神社以外にも「焼火(たくひ)神社」という洞窟の中に社殿が作られた神社もありますが、自転車で通うにはハードなので今回はパスしました。

その後、自転車をひたすら漕いで摩天崖のある国賀海岸までたどり着きます(なお、この時期は観光シーズンではないため、目に見える範囲に人はだれ一人いませんでした)。

由良比女神社

国賀海岸の通天橋

ふだん瀬戸内の穏やかな海岸線ばかり見ている私には、雄々しく衝撃的な光景です。

そこから摩天崖までは遊歩道があり、徒歩だと約1時間で到着できるとのこと。

1時間歩く、という事で余裕だと思ったのですが、普通に険しい坂道を登っていきます。

さらに摩天崖とその周辺はふだん牛馬が放牧されており、冬のシーズンのため牛はいませんでしたが遊歩道のあちこちに牛馬の粗相がありましたので、歩くの困難な思いをしながら摩天崖に到着しました。

由良比女神社

摩天崖の風景。これぞ「THE隠岐」

これこそ私が求めていた隠岐の風景。

疲れも忘れ、しばし隠岐の雄大な風景と大自然の中で草を食む馬を眺めて、一人感動していました。

馬が草を食む様子をムービーに撮りました

ひとしきり観光をした後は港まで戻るついでに少し先の「黒木神社」を参拝。

由良比女神社には神職が常駐していませんでしたが、御朱印は港にある観光協会で頂けました。

さすがに1日自転車に乗り続けて疲労困憊でしたが、船の時間まで小休止して島後に戻りました。

由良比女神社

西ノ島「別府港」にある目玉おやじと一反木綿

余談ですが、医療を扱ったドラマ「コウノドリ」にて、綾野剛と佐々木蔵之介が摩天崖で医療について語るシーンがあったのですが、演出的に仕方ない面もありますが「島後の病院からわざわざ西ノ島までフェリーに乗り、更に車を走らせて摩天崖まで行った上で語り合った。」と考えると若干の違和感を覚えました。

まぁそれぐらい摩天崖の風景は隠岐の象徴という事なんでしょうね。

由良比女神社の御由緒

御由緒書きによると、仁明天皇の承和9年(842年)に官社に預かったとされ、古来より海上守護の神として祀られています。

由良比女命が芋桶に乗って海を渡っているとき、海に浸した由良比女命の手をイカが引っ張った。お詫びとして神社前の浜に毎年イカが押し寄せるようになった、という伝承もあります。

由良比女神社の御朱印

由良比女神社の御朱印

由良比女神社の御朱印

由良比女神社の概要

神社名
由良比女神社
主な御祭神
由良比女命(ゆらひめのみこと)
鎮座地
島根県隠岐郡西ノ島町浦郷922
駐車場の有無
自転車で参拝したため不明(無?)
御朱印を頂ける場所
西ノ島町観光協会
参拝日
平成30年2月21日
地図