石鎚神社(愛媛県西条市)

曖昧な記憶で参拝を振り返る

仕事で愛媛県を訪れた際に参拝。

たしか愛媛県新居浜市で午前の仕事を終え、次の仕事先が松山市だったので、移動中西条市の石鎚神社に立ち寄った記憶があります。

四国最高峰、霊峰石鎚山を御神山とする「石鎚神社(いしづちじんじゃ)」はあまりにも有名で、一度は参拝してみたい神社でした。

言うまでもなく「石鎚本教」の総本宮です。

四国最高峰を御神山にする、と言っても本殿自体は車で少し登った所にありました。

石鎚神社

石鎚神社の楼門。しめ縄は牛蒡型

もっとも、私が参拝したのは「口之宮 本社(くちのみや ほんしゃ)」という最も参拝しやすい社殿で、その他、石鎚山の7合目には「中宮 成就社(ちゅうぐう じょうじゅしゃ)」や、石鎚山の山頂には「奥宮 頂上社(おくのみや ちょうじょうしゃ)」も鎮座しています。

石鎚神社

石鎚神社 口之宮 本社

一度は頂上社にも参拝してみたいですが、霊峰である石鎚山、そう安易な気持ちで登るのも如何なものかと思いますので、信心改めて相応しいと思えた時に挑戦できればと思います。

参拝の後、御朱印帳が全て埋まっていたので、新しい御朱印帳と御朱印を頂きました。

そういえば私が子どもの頃、地元の近くに「いしづち」というコンビニみたいなお店があったので「石鎚(いしづち)」という名前とフクロウのキャラクターは妙に記憶に残っていました。

知らべてみると「正式名称:ナイトショップいしづち」は愛媛県発祥のコンビニチェーンのようで、石鎚山から名前をとったみたいです。「ナイトショップ」とありますが「夜でも開いている」という意味合いだそうです(現在は愛媛と兵庫にのみ店舗があるそうです)。

石鎚神社の御由緒

起源と歴史について

「石鎚神社」は日本七霊山の一つ、四国にとどまらず西日本の最高峰、霊峰・石鎚山を御神山とする神社で、石鎚本教の総本宮でもあります。

平安時代に編纂された最古の説話集「日本国現報善悪霊異記(にほんこくげんほうぜんあくりょういき)」には、「崇神天皇35年(紀元前63年)、石鎚の峰に神を勧請す」とあるそうです。

石鎚山は、飛鳥時代(685年)に、「役小角(えんのおづぬ)」によって開山され、その後「寂仙菩薩(じゃくせんぼさつ)」によって「石鎚蔵王大権現」と称され、常住社(今の中之宮成就社)を創建、以来神仏習合・修験の道場として繁栄したそうです。

朝廷の信仰も厚く、歴代天皇が納めた仏像や経巻が収められたそうです。

明治時代に入り、神仏分離令により「石鎚神社」と改称。

明治22年(1889年)、火災により中之宮成就社の社殿・宝物が消失。昭和55年(1980年)にも大火に見舞われ全焼。その後昭和57年(1982年)に再建されています。

現在でも日本古来の山岳信仰に修験道、神仏混淆の影響を残した独特の「石鎚信仰」として、多くの人々に崇敬されています。

御祭神について

御祭神は「石鎚毘古命」(「石土毘古」「石鎚大神」とも称されます)。天照皇大神の兄に当たる神様とされています。

御祭神は一神ですが、「仁智勇」の御神徳を表すため「玉持(たまもち)」「鏡持(かがみもち)」「剣持(つるぎもち)」の3体の御神像をお祀りしています。

石鎚神社の御朱印

石鎚神社の御朱印

石鎚神社の御朱印

石鎚神社の御朱印帳

石鎚神社の御朱印帳

石鎚神社の御朱印帳

石鎚神社の概要

神社名
石鎚神社
主な御祭神
石鎚毘古命(いしづちひこのみこと)
社格等
近代社格 
県社
現在の分類
神社本庁(別表神社)
主な境内社
綜合摂社
天皇社
厳島社
三倍神社
方違社
大石社
鎮座地
愛媛県西条市西田甲797番地
GoogleMapで開く
駐車場の有無
有(無料)
御朱印を頂ける場所
同敷地内社務所
参拝日
平成28年10月13日
地図