音無稲荷神社(山口県下関市)

曖昧な記憶で参拝を振り返る

山口県下関市を仕事で訪れた際に参拝。

下関市の山あい、県道34号から下関市中心を目指して移動していると、県道の脇道に大きな鳥居が見えました。

立派な鳥居だったので「これはきっと立派な神社があるぞ」と期待を膨らませ、寄り道してみることにしました。

Googleストリートビューの画像を借りました

鳥居をくぐり狭い農道を進んでいくと、けっこうな坂道が出現、さらに左右は林・・。

ふたたびGoogleストリートビュー

「これは入ってはいけない所へ来てしまったのかな。」
と不安になりましたが、ほどなくして駐車場に到着。

そして車から降りて思いました。
「本当に来てはいけない所に来てしまったかな。」

薄暗い山影に、延々と伸びる千本鳥居。

音無稲荷神社

「これを登っていくんですか?」と思った

山口県で鳥居が連なる神社と言えば、元乃隅稲成神社が世界的に有名ですが、
海と山の違いはありますが、同じ県内で山中にもこんな神社があるとは、、、、。

雰囲気がありすぎて鳥居をくぐるのを若干躊躇しましたが、ここまで来たので進んでみることにしました。

音無稲荷神社

鳥居は木製ではありませんでしたので、痛みはあまり見られない

千本鳥居、さながら鳥居のトンネルを登っていくと小さなお堂がありました。
山の中にポツンと建てられた小さなお堂という感じで、人の気配も感じられず、なんだったら動物が住み着いていそうな雰囲気もありました。

「堂内ご自由にお参りください」と立て札がありましたので、お堂に入り参拝、そして車に戻る。

写真がほとんど無くて申し訳ありませんが、本当に独特の雰囲気というか、神秘的な雰囲気が伝わる神社でした。

音無稲荷神社の概要

神社名
音無稲荷神社
主な御祭神
倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
鎮座地
山口県下関市内日上
駐車場の有無
有(無料)
御朱印を頂ける場所
不明
参拝日
平成28年11月25日
地図