名古屋東照宮(愛知県名古屋市中区)

曖昧な記憶で参拝を振り返る

「平成最後の日:平成31年4月30日」、愛知縣護國神社の参拝を終えた私は、近くに「名古屋東照宮」がある事を知ります。

名古屋はかつての尾張地域ですが、お隣三河は徳川家康公の生まれた地なので、それなりに何かがありそうで興味が湧きました。

名古屋東照宮は、愛知縣護國神社から道路を挟んですぐの場所にあります。

さすがに私も朝から熱田神宮参拝、名城公園一周、愛知縣護國神社参拝と歩くと体力にも限界がやってきたみたいで、写真を撮る気力があまりなかったようです。

名古屋東照宮

名古屋東照宮の唐門

平成31年(2019年)は、名古屋東照宮が創建あれてちょうど400年の記念のようで、御朱印に創建400年と判が押され、また創建400年記念の印鑑袋も頂きました。

体力の限界か、あまり細かな事は覚えていません(汗)

参拝を終え、ホテルに戻り集合。そして仕事先の岐阜県多治見市まで移動します。

そしたらなんと、多治見駅前で漫画「キン肉マン」に出てくる超人「タイルマン」の像を発見。

私は世代的にドンピシャなので、一人で勝手にテンションが上がっていました。

タイルマンと言えば「フランス出身の超人」「第21回超人オリンピックに出場」「ローラースケートでコースを周回するレースで「フィッシャーズ」という2人組の半魚人みたいな超人に妨害されてリタイア」という情報を何の資料もなく書いていくあたり、私のキン肉マンフリークぶりがお分かりかと思います。

名古屋東照宮

等身大タイルマン像

「ゲェー!なぜ多治見にタイルマンが!!」と思うところですが、どうやら多治見市はタイル産業が盛んで、それをPRするためにタイルマン像を制作したみたいです。

(そういや、なんでタイルマンはフランス出身なんでしょうね。)

名古屋東照宮の御由緒

創建は家康の三回忌の翌年にあたる元和5年(1619年)、初代尾張藩主徳川義直(徳川家康の九男)が、名古屋城三の丸に東照宮を勧請し家康公の神像を祀りました。当時の社殿は3,600坪もあったそうです。

明治8年(1875年)、名古屋鎮台(日本陸軍の編成部隊)が名古屋城内に置かれることになったため、現在地へ遷座。

昭和20年(1945年)の名古屋大空襲により本殿などが焼失されますが、昭和28年(1953年)徳川義直の正室「春姫」の御霊屋を移築して本殿とし再興されました。

名古屋東照宮の御朱印

名古屋東照宮の御朱印

名古屋東照宮の御朱印

名古屋東照宮の概要

神社名
名古屋東照宮
主な御祭神
徳川家康公
社格等
近代社格 
県社
主な境内社
福神社
鎮座地
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目3-37
GoogleMapで開く
駐車場の有無
公共交通機関を使用したため不明
御朱印を頂ける場所
同敷地内社務所
参拝日
平成31年4月30日
地図